カラコンするならドライアイ対策もね♡毎日のケアでいつも潤んだ瞳へ

最近ではコスメ3種の神器として、ファンデ・リップ、そしてなんとカラコンがランクインしているそうです。言われてみれば、そんなに派手系ではない女性でもさりげなくカラコンをつけていたり、コスメショップやドラッグストアにもカラコンコーナーができていたりしますよね。

しかしやっぱりカラコンは目への負担になっているもの。疲れ目や目の充血、ドライアイを引き起こしやすい状態になっています。今回は普段のメイクにカラコンが外せない人にオススメのアイケアアイテムを紹介していきます◎

 

カラコン外してほっと一息♡『花王めぐりズム 蒸気でホットアイマスク』

発売から根強い人気を誇っているのが、蒸気でホットアイマスク◎温かいアイマスクで緊張した目もとや疲れた目をじんわりほぐしてリラックスさせてくれます。

花王めぐりズム 蒸気でホットアイマスク
画像出典:花王めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

1日カラコンをつけっぱなしで目の奥が重た~く感じる人は、家に帰ってから眠る前にホットアイマスクをつける習慣を!翌朝の目の潤いがUPしますよ♡

 

カラコンからくる目の充血に効く♡『大正製薬 アイリスCL-Iネオ』

カラコンの色はキレイなのに、白目が充血しちゃって台無し…なんてことありませんか?カラコンして目が充血しやすい人は、コンタクト用目薬をこまめにさすといいかも。

大正製薬 アイリスCL-Iネオ
画像出典:大正製薬 アイリスCL-Iネオ

1回ずつ使いきりになってて防腐剤も含まれていないアイリスCL-Iネオなら、大切なカラコンを痛めることもありません◎これでいつでもクリアな目を保てそう!

 

CMでもおなじみ♡『わかさ生活 ブルーベリーアイ』

目に良い食べ物を食べるというのも、実はあなどれないんです♡CMでもおなじみのブルーベリーアイは、目に良い成分であるアントシアニンを多く含むブルーベリーのサプリメントです。

わかさ生活 ブルーベリーアイ
画像出典:わかさ生活 ブルーベリーアイ

指の先ほどしかないな小さな1粒に、ブルーベリー360個分のアントシアニンが凝縮されているんだとか!1日1粒でOKだから簡単に始められそうですね。

 

ヘトヘトな瞳にご褒美を♡『ルルド めめホットチャージ AX-KX511』

カラコンの目疲れがかなり溜まってきたら、本格的に美容家電を使ってケアするのも1つの方法です。見た目にもこだわった美容家電のルルドからホットなご褒美が届いていますよ♡

ルルド めめホットチャージ AX-KX511
画像出典:ルルド めめホットチャージ AX-KX511

USBケーブルで充電しておけば、自宅でも職場でもメイクの上からでも使えちゃう優れもの◎41℃の電熱じんわりヒーターが頑張った目を温かく包み込みます。ピンクのカバーは丸洗いOK!

 

カラコンはスッピンでもつけるほど外せないアイテム!という人もいるほど、昔に比べて一般的なアイテムになってきました。しかし、それだけ目への負担が大きくなっていることも事実です。お出かけやお仕事でいつも頑張ってくれている目元に、栄養チャージしてみませんか?


関連記事


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 首のシワは見た目年齢に影響する!?きちんとケアする3つの方法を伝授!
    年齢は首に出る!? 3つの方法を使って首までしっかりケアしよう!
  2. 春に向けてお肌のワントーンアップを目指しましょう♡
    明日のお肌をワントーンアップ♡春に向けて美顔器でケアを始めましょう!
  3. ボディケア美容器で冬にたるんだお肉を徹底的にやっつけよう!
    冬に蓄えたぷよぷよお肉を徹底的にやっつける!春まで続けたいボディケア美容器
  4. トルネードRFローラー
    小顔になりたい人必見!おすすめ美顔ローラーTOP3
  5. 美顔器選びで失敗しないためのポイントとは
    美顔器選びで失敗しないためのポイントとは

最新記事

  1. 美顔器

    2018.11.14

    メディリフト使用時におすすめのスキンケアアイテム!メディリフトゲルについて
  2. 美顔器

    2018.11.13

    フォトプラスに使うスキンケアアイテムはどんな種類がベスト?
  3. 2018.11.12

    小顔になれる美顔器・美容アイテムを一挙に集めてご紹介します!
  4. 美顔器

    2018.11.11

    小顔になるならメディリフト・肌荒れケアにはフォトプラス♪そもそも違いって何?
  5. 2018.11.10

    フォトプラスに悪い口コミが?デメリットを解消できる対策をチェック!
  6. 2018.11.09

    フォトプラスで肌荒れを治したい…。効果的な使い方とは?