オーガニック化粧品

オーガニック化粧品のメリットとデメリット

近年、大人気のオーガニック化粧品!

科学成分を含む製品と比べて刺激が低かったり、敏感肌やアトピーなどの皮膚疾患をかかえる方にとっては副作用が少なかったりと肌に優しくて安全なイメージがありますよね。

ショップやネットなどでも、オーガニック化粧品のブランドが手に入りやすくなりました。

しかし、アイテムを選ぶ楽しみが増えた半面、どれを選んだら良いのか迷いすぎて困る方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、選ぶ際に必ず押さえておきたいオーガニック化粧品のメリット・デメリット
また、それぞれの商品を認定している海外のオーガニック認定機関のご紹介します。

 

オーガニック化粧品のメリットとは

オーガニック化粧品とは、素材には有機栽培で育てられた植物を材料としており、化学合成成分を使わずに作られた化粧品のことをいいます。

日本の場合、オーガニックを謳う際、「有機JASマーク」をつけることが義務づけられていますが、化粧品にはオーガニックの認定機関がないので明確な基準がありません。
しかし、海外ではオーガニック認定団体があり、厳しい基準で原材料からこだわった製品が多数存在しています。

合成界面活性剤を使用していないので、肌に不要な成分が少なく、肌本来が持っている機能を取り戻すことができます。

 

オーガニック化粧品のデメリットとは

体に優しいオーガニック化粧品ですがデメリットもあります。

以下がおもなデメリットです。

  • ケミカルコスメに慣れてしまった肌にとって、潤いが足りない感じや乾燥が気になる場合もある
  • ケミカルコスメからオーガニック化粧品に切り替える際、肌が慣れるのに時間がかかったり、即効性を感じない方もいる
  • コストが高い
  • 防腐剤が無添加なので保存期間が短い

 

海外のオーガニック認定機関のご紹介

オーガニック化粧品を購入する際は以下の認定機構を参考にしてみるのもいいと思います。

  • フランスの「ECOCERT(エコサート)」
    農学者の団体による機関で、世界最大規模の有機認定機関です。
  • ドイツの「BDIH(ロゴナ)」
    ドイツの公的機関、ドイツ化粧品医薬品商工連盟です。
    可能な限り植物原料を使用し、その植物は有機栽培、もしくは原生採取であることが大きな特徴です。
  • ドイツの「demeter(デメター)」
    バイオダイナミック農法という宇宙の自然リズムに即して種まきや収穫時期を決めるといった特種な農法により台地の生命力をより多く引き出された原料にこだわっていることが大きな特徴です。
    EUのオーガニック基準よりもかなり厳しい認定機関です。
  • ドイツの「eco control(エココントロール)」
    BDIHよりも厳格なガイドラインにより、品質基準や安全性だけではなく「効果が皮膚科学的に証明されている」という独特の項目が設けてある認定機関です。

 

いかがでしたか?
オーガニック化粧品はコストがかかる反面、肌本来の機能を高める力を秘めています。

肌が丈夫で健康になれば、スキンケアアイテムが減ったり、お手入れの手間が減ったりと結果的にはコストダウン出来そうですよね。

何より健康的で美しい肌にまさるメイク方法はありません。
美容家電と一緒にスキンケアを簡単にすませてしまうのもアリですね!

 
【美容家電ラボ】
 


関連記事


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 首のシワは見た目年齢に影響する!?きちんとケアする3つの方法を伝授!
    年齢は首に出る!? 3つの方法を使って首までしっかりケアしよう!
  2. 春に向けてお肌のワントーンアップを目指しましょう♡
    明日のお肌をワントーンアップ♡春に向けて美顔器でケアを始めましょう!
  3. ボディケア美容器で冬にたるんだお肉を徹底的にやっつけよう!
    冬に蓄えたぷよぷよお肉を徹底的にやっつける!春まで続けたいボディケア美容器
  4. トルネードRFローラー
    小顔になりたい人必見!おすすめ美顔ローラーTOP3
  5. 美顔器選びで失敗しないためのポイントとは
    美顔器選びで失敗しないためのポイントとは

最新記事

  1. 美顔器

    2018.08.14

    美顔器の常識が変わる?今話題の美顔器がスゴ過ぎる!
  2. マスク型美顔器

    2018.08.13

    話題のマスク型「ウェアラブル美顔器」のメディリフトって何?
  3. ヤーマンのメディリフト2

    2018.08.13

    【販売開始直後売り切れ! ?】ユニークさと機能性で大きな話題!ヤーマンのメディリフトって?
  4. 小顔

    2018.08.12

    1日10分でリフトアップ?!超話題のウェアラブル美顔器「メディリフト」って何?
  5. 咬筋

    2018.08.11

    通称「リフト筋」!大小頬骨筋を動かしてリフトアップしよう!
  6. 2018.08.10

    咬筋を使いすぎるのがエラが張る原因?コリのほぐし方を紹介!